HOME › 炊き出しにおすすめ!カレーライスと豚汁を作ってみました!

炊き出しにおすすめ!
カレーライスと豚汁を作ってみました!

鍋と炊飯器と鋳物コンロのレンタル専門店の鍋や炊飯器は、炊き出し用にレンタルしていただくことが多数ございます。

そこで、今回は、当店の社員たちに、炊き出しの定番「カレーライス」「豚汁」「おにぎり」を作ってもらいました。社員からも「お客様がどのように調理するのかイメージができた。」と言ってもらえたので、やってよかったと感じています。

当店は、カレー屋さんでもないし、豚汁屋さんでもないので、作り方にツッコミどころが多々あるかもしれませんが、寛大な心で見ていただけると嬉しいです。

カレーライス約70皿分を作ってみました!

炊き出しの代表メニューと言えばカレーですよね。

カレーの香辛料には、消化吸収の促進、肝臓機能の強化、脂肪の分解などの効果があり健康にとってもいいのです。
さらに、豚肉、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎなど豊富な食材の栄養を取り入れることができるので、栄養面からみても炊き出しにもってこいです。

今回は、そのカレーを約70皿分作ってみました。

準備した食材・レンタル用品など

【食材】

  • カレー用
  • 豚肉 2kg
  • ジャガイモ 40個
  • ニンジン 9本
  • 玉ねぎ 25個
  • カレールー(8皿分) 9箱
  • 水 10L
  • ご飯用
  • 米 7升

【準備した備品(当店で取り扱いのあるもの)】

カレー用

ご飯用

盛り付けの用の消耗品

【別途準備した備品】

  • ピーラー
  • まな板
  • 包丁
  • ボウル
  • 金網ザル
  • バット
  • 電子はかり

カレーライスの調理手順

▼食材の下準備
▼お鍋でカレーをつくる
▼ガス炊飯器でご飯を炊く
▼盛り付け

食材の下準備
ジャガイモとニンジンを洗ってバットに食材を入れておきます。
ピーラーでじゃかいも、にんじんの皮むきをします。
玉ねぎの皮は手でむきます。
ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、豚肉を適当な大きさに切ります。
じゃがいもは軽く、水にさらしてデンプンを抜きます。
カレールーを細かく切ります。
※時短テクです。細かく切っておくと、鍋に入れた際に、カレールーが溶けるまでの時間を短縮できます。
各食材をボールやバット、金網ザルに入れておきます。
お鍋でカレーをつくる
豚肉を入れて、赤い部分がなくなるまで炒めます。
玉ねぎを入れて、透明になるまで炒めます。
ニンジンを入れて炒めます。
ジャガイモを入れて炒めます。
水(10L)を入れます。
水が煮立つまで待ちましょう。

カレールーを入れます。

※味を見ながら、カレールーとお水の量を調節してください。

ルーが溶けきったらカレーの完成です。
ガス炊飯器でご飯を炊く

5升(7.5kg)分のお米を用意します。

※ガス炊飯器で炊ける量の限界が5升のため、5升分準備しました。別途2升分のお米を炊いています。

お米をとぎます。
炊飯釜にお米を入れます。
水を入れて、炊飯器にセットします。
炊飯中です。
ご飯が炊けました。
長時間保温するために、ご飯の保温専用電子ジャーに移し替えます。

これで、ご飯の完成です。

※残り2升分は、別に炊きました。

盛り付け

ご飯とカレーを当店で販売しているおでんカップ、Pカップに盛り付けました。

これで、カレーの完成です。

※出来上がったカレーは、おでんカップでおよそ70皿分です。

豚汁約40杯分を作ってみました!

冬の季節に、緊急の災害などがあった際、体を温めてくれる豚汁は、避難者の体だけでなく心も温めてくれるはずです。

豚汁には、疲労回復効果のあるビタミンB1が豊富に含まれている豚肉や体を温めるのによい根菜野菜、「医者いらず」と言われるくらい健康効果の高い味噌も使われています。

そんな「おいしい」「体があったまる」「健康によい」三拍子そろった豚汁を約40杯分作ってみました。

準備した食材・レンタル用品など

【食材】

  • 豚肉 500g
  • 大根 1本
  • にんじん 2~3本
  • 豆腐 2丁
  • ネギ 3本
  • みそ 750g
  • 油あげ 1袋
  • 水 12L
  • サラダ油

【準備した備品(当店で取り扱いのあるもの)】

豚汁用

盛り付けの用の消耗品

【別途準備した備品】

  • まな板
  • 包丁
  • 小さいお鍋
  • ボール
  • バット
  • スライサー
  • ピーラー

豚汁の調理手順

▼食材の下準備
▼お鍋で豚肉をつくる
▼盛り付け

食材の下準備
大根、にんじん、豆腐、ネギ、油あげ、こんにゃく、肉を適当な大きさに切ります
こんにゃくをあく抜きします。
食材をお椀に入れます。
お鍋で豚汁を作る
お鍋に油をひき、豚肉を色がつくまで炒めます。
ニンジンを入れて炒めます。
大根を入れて炒めます。
油揚げを入れて炒めます。
こんにゃくをいれて炒めます。
ここで、水(12L)を加えます。
お豆腐を加えます。
ボウルにお湯と味噌を入れて、味噌を溶かします。
溶かした味噌を鍋に入れます。

ひと煮立ちしたらネギを入れて、豚汁の完成です。
盛り付け

豚汁を当店で販売しているおでんカップ、Pカップに盛り付けました。

これで、豚汁の完成です。

出来あがった豚汁は、おでんカップでおよそ40杯分です。

おにぎり約60個を作ってみました!

緊急の炊き出しで、短時間で多くの人にご飯を届けたい場合などには、短時間でささっと作れて、さらに、器なしで片手で食べられるおにぎりは、非常に便利です。

また、料理が苦手な人でもコツさえ掴めば次々つくれます。今回は、お米2升を使って約60個のおにぎりを作りました。

準備した食材・レンタル用品など

【食材】

  • お米 2升
  • 食塩

【準備した備品(当店で取り扱いのあるもの)】

【別途準備した備品】

  • ボウル
  • 金網ザル
  • バット
  • 小皿
  • ビニール手袋
 

おにぎりの調理手順

▼電子炊飯ジャーでご飯を炊く
▼おにぎりをにぎる

電子炊飯ジャーで炊飯器でご飯を炊く
炊飯するお米の量をはかります。
お米をとぎます。
金網ザルにお米を移し、水切りをします。
炊飯釜にお米を入れます。
お米の量に合わせて水を入れます。
炊飯釜を炊飯器にセットします。
炊飯します。
ご飯が炊き上がりました。
おにぎりをにぎる
ボウルにお水、小皿に塩を準備します。
Pカップにおにぎり1つ分のご飯を盛ります。
2つのPカップでご飯を覆い、良く振ります。
すると、ご飯の形がある程度整います。
次に、ビニール手袋をしてご飯を持ちます。
ご飯をにぎります。

これで、おにぎりの完成です。

2升で約60個のおにぎりが作れました。

鍋と炊飯器と鋳物コンロのレンタル専門店は
2016年10月現在で3,829点以上の出荷実績がございます。
対応スタッフはベテランが多く、日々の業務で商品知識を実地で身につけています。

鍋と炊飯器と鋳物コンロのレンタル専門店スタッフ一同

大好評にて予約殺到中。毎年、キャンセル待ちになってしまって、
大変残念な思いをしてしまう お客様が必ずいらっしゃいます。 
ご予約は5ヶ月前から出来ますのでお早めに!

15時までのご注文で在庫があれば即日発送可能です。
レンタル日まで一週間を切っている場合は、
最初にお電話にてご連絡ください。その場で在庫を確認いたします。

お電話の前に必ずこちらをクリックしてください。